パスは上下で抜く


前に出てきた前衛の横を抜くのは非常に気持ちの良いものです。その爽快感に取り付かれて、パスをサイドラインギリギリに狙って打つ人がいます。こうなると、確かにパスを綺麗に抜くことがあるかもしれませんが、それにも増してサイドアウトが多くなってしまいます。しかし、本人は綺麗にパスを抜いているイメージが強く残っており、あまりミスをしていないような錯覚に陥ってしまいます。試しに練習でも試合でも良いので、自分のパスミスを数えてみて下さい。思っていた以上のミスがあって驚く人も多いかと思います


パスの理想としては、ミスをしないでポイントを取る、ということです。


ミスを減らすには、サイドを抜く意識よりも、回転を重視して弾道に上下の幅を持たせるということが大切です。初めは、打つ場所は相手の正面で十分です。(上級者の方はもっときわどいコースを狙って頂きます)「正面だと簡単に取られるのではないか」と思われるかもしれません。これに関しては全く心配ありません。正面に狙ってコントロールしたとしても、打ったボールは必ずバラつきます。例え正面に入ったとしても、回転の綺麗にかかったボールは相手の足元に沈み、ボレーのしづらい弾道になります。そして結果的に左右にボールが散らばって、相手の横を抜ければOKということになります。


無理にサイドを狙わず、上下の動きで相手をミスらせましょう。

携帯サイトランキング
スポーツ☆同盟
imodeBEST100
Rank No.1










[←戻る]